季節の風景一覧

小さな花壇の前の門松です

近所の有志達で飾った門松です。

 

 日は、風花が舞う寒い一日となりました。((+_+))

今年も、後わずかとなり年末商戦の

真っ只中の、今日この頃となりました。

 

 近頃では、見ることが稀になった門松を

昨日、ご近所の有志達が小さな花壇の前に

建てる姿が見受けられました。

 

 そんな門松を観るにつけ、年の瀬の

慌ただしさを自感します。

 

 小さな空き地の花壇に、飾られた

門松が在る風景を、切り取ってみました。

 

 


北から来た鴨達ですが

暖かい日差しの中、遊泳する鴨達です。

 

 ベリア辺りから、飛来してきた鴨達でしょうか。

実は、飛来した鴨達を最初に見掛けたのは10月

の末頃の冷え込んだ日でした。

 

 今年飛来した鴨達は、11月に入り暖かい日々が

続いた時、一旦は姿を潜めたのか姿が見えなく

なりました。てっきり、冬の到来と思ったので

しょう。(*_*;

 

 流石に、11月の下旬に入り朝晩の冷え込みが

増し、冬将軍の足音が聞こえるようになりました。

鴨達も、やっと一安心です。(^-^)

 

 そんな、気温の上下に、翻弄された鴨達の

様子を切り取ってみました。


色づいた昼下がりの公園です

紅葉が進む、昼下がりの公園です。

 用の帰り道某市の、公園へ

立ち寄りました。

その日は、最高の小春日和となりました。(*^^)v

 

 昼下がりとあって、多くの人達がベンチなどに

座って歓談をしている後継が散見できました。

 

 すっかり、公園の木々はすっかり秋の

装いを身に纏っていました。

その中、銀杏の木が日光を受け輝いて

るのが印象的で秋のシーズンの到来を

自感しました。

 

 見事な紅葉と、穏やかな日和の

中、秋を実感した風景を

切り取ってみました。

 


冷たい秋雨の中で

 日は、冷たい秋雨が朝から

降りしきっています。

 

 タバコしようと、外に出て空を

見上げると、電線にたくさんの

ツバメ達が留まっていました。

これから、この地を離れ南へと

渡る打ち合わせをしているかの様。(^_^)

 

 折からの冷たい秋雨が、旅立ちを

急かしているように、自感しました。

 

 「又、来年の田植え時にはどうか無事に

帰って来てほしい!」と心の中で祈りながら

ツバメ達が集まっている様を

切り取ってみました。


秋が織りなす、深紅の絨毯です

 っかり、秋めいてきた今日この頃です。

今までの、酷暑もなりを潜めて来ました。!(^^)!

 

 日頃から、良く手入れされ刈込も

頻繁に行われている、堤防なのに

春には、ツクシがそして秋にはご覧の通り

彼岸花の群生です。本当に植物が持つ底力に

感嘆してしまいます。

 

 行き交う車は、鑑賞に浸ることは出来なくても

前方の視界には十分飛び込んで来ると想います。

 

 秋の訪れを報せるかの様に、彼岸花達が

堤防を、深紅の絨毯を敷き詰めたかの様な

艶やかな、風景を切り取ってみました。